2015年4月 ユナイテッドの羽田発深夜便でサンフランシスコへ

今日から2015年4月にサンフランシスコベイエリアへ旅行した時の旅行記をスタートします。

最後の旅行?

2015年4月、父が入院する前に予約していた航空券。
払い戻しや変更をせずに、最後の旅行ということで楽しんできました。
この旅行終了後、一週間だけ出社。
引継ぎ後、長期休暇に入りました。

羽田のラウンジで腹ごしらえ

この時は、仕事が忙しく夜ご飯を食べませんでした。
品川から京浜急行で羽田空港国際線ターミナル。
ANAラウンジで夕食です。
まずカレーと焼きそばをいただきました。

そして山菜そば。

山菜そばは駅そばレベル。
一時期、成田では味にムラがあった時期もありましたが、今は安定していると思います。

スープとフルーツポンチもいただきました。

羽田から深夜発のフライトは機内食が少なめですので割としっかりラウンジで食事をするようにしています。

深夜便のユナイテッドは最初が軽食

羽田発のユナイテッド航空深夜便。
10月末には夕方の時間帯への移行が既に決まっています。

深夜便の場合、最初に軽食がサーブされます。
軽食といっても重たいです。

今回は焼きうどんでした。

やっぱり、深夜に食べると重たいよね。

パンはいただきませんでした。

到着前の食事は夕方出発便の1食目機内食と一緒 

サンフランシスコ到着2時間前くらいに機内食のサービスが始まりました。

まず、温かいナッツと飲み物

クランベリージュースを飲みました。

和食は2食目に

ユナイテッド航空の場合ビジネスクラスまたはファーストクラスで和食の事前リクエストをしておくと、 ちゃんと和食がサーブされます。

この頃は、旧コンチネンタル機材と旧ユナイテッド機材で微妙にサーブ方法が異なり、ユナイテッド機材の場合は通常便のセカンドミール、深夜発便の場合のファーストミールは好きなものが選べました。
逆にコンチネンタル機材の場合は有無を言わさず、ファーストミール、セカンドミール共に和食になってました。
和食というか、和風という感じでしたが。

時期によっては旧ユナイテッド機材でもコンチネンタルっぽいサーブになるときもあり、安定してなかったのを思い出します。

最初に前菜がサーブされるのは和食膳っぽいですが…

マヨネーズとコーンをあえたものは、和食膳のころにはなかったものです。

ロールキャベツのようなものなども、コンチネンタルっぽい機内食。

この器もコンチネンタル仕様だと思います。


で、問題なのがご飯。

この時のは、べちゃべちゃでした。

メインは豚肉でした。

メインは豚の生姜焼きっぽいもの。
比較的はっきりとした味です。

お味噌汁が出るようになってました。

茶そばみたいに炭水化物よりかはいいと思います。

チーズ&クラッカーもサーブされます 

この時のキャビンアテンダント、到着が早くなったみたいでかなり急いでました。
盛り付けもなんだかなぁという感じ。

アイスクリームサンデー 

最後にアイスクリームサンデーをいただき、到着です。

0 件のコメント :

コメントを投稿