ラスベガスから帰国 国際線ダウングレードを経験するも直前回避

ラスベガスからの帰国。
アップグレードが確定していたのに、いったんダウングレードになって、復活。
コンチネンタル流のドライな対応に面食らった旅でした。


ラスベガスのユナイテッドクラブでベーグルの朝食

ラスベガスからの帰り、朝食は最近ユナイテッドクラブでいただきます。

ベーグル。

そういえば、日本では最近ブームが去ったのか、見かける機会が減りました。

ヨーグルト。

通常バニラ味なんかとらないんだけど、バニラ味しかなかった。

そしてコーヒー。

搭乗まであまり時間がなかったので、食事をしてゲートへ向かいました。

クッキーだけ ユナイテッド ラスベガス-サンフランシスコ ファーストクラス

ラスベガスからサンフランシスコまではファーストクラス。
でも、ほとんど寝ていたみたい。
ただし配給ではきちんと目が覚めました。

クランベリージュース。

正確にはクランベリーアップルカクテルですが、以前はアメリカ国内線のみのサーブでしたが、現在では国際線でもサーブされています。

コップもコンチネンタルとの統合でデザインが変わりました。

このころの機内でのスナックは、温めたクッキーになってました。

とっても甘いものでした。
でも、たまにはいいよね。

サンフランシスコではラウンジへ。
あまり時間がなかったので数分滞在しただけでゲートへ向かいました。

まさかのダウングレード ユナイテッド サンフランシスコ-成田

今回、関西経由で羽田行でしたが…
ゲートで私の名前を呼んでます。

最近、空席待ちやアップグレード待ちはやってないので、???と思いながらもゲートの係員のところへ。
「ビジネスクラスが満席なのでダウングレードします。」

え~。

とここはひとまず文句を言いたいところですが、交渉してみます。
「往路もダウングレードされた。(ほんとは直前で戻ったけど。国内線部分だし…)」
「成田行で構わないけど、できれば落とさないで~」

と、そうしたら、エコノミーで成田行きに変更してアップグレードかけてみるから、少し早目に853便のゲートに来てねと言われ、エコノミーの搭乗券をいただきました。

で、アップグレード状況をスマホで確認。

一応、空席待ち順位1番目だけど。
これ、確定するのかなぁ。

GSがたくさん来たらアウトだし。

で、ラウンジへ戻って、その当時はラウンジによく置いてあったベビーキャロットを食べて…

搭乗1時間前にゲートへ向かいました。

一旦、ダウングレード、成田行きアップグレード空席待ちの結果

ゲートでアプリのアップグレード状況をリロードしますが、なかなかOKにならない。

ゲートに行くと、関西行のところにいたさっきの係員に手招きされ、「もうちょっと待ってね~」とのこと。

で、結局、搭乗開始後、最後のアップグレードの処理をしているところで呼ばれました。

日本到着後、
アップグレードの状況を確認してみたら…
6人しかアップグレードされてない。
そのうち2人は確定していたから、4名だけだったのね。

危なかった~

まあ、でも、アップグレードできたから良しとしましょう。

搭乗時にゲートの係員からは丁重なお詫びをされましたが、「本来羽田に到着する予定時刻よりかなり早く成田に着けるから、かえってうれしい。ありがとう」とお伝えして搭乗しました。

最後に機内に入って

ゲート・エージェントと少し話していたせいもあって、一番最後ではないものの、2階席の乗客では最後に搭乗。

しばらくすると、チーフパーサーらしい方が来て、挨拶してくれました。
ゲートの係員が申し送りをしてくれたみたい。

ウェルカムドリンクはオレンジジュース。

上空では温かいナッツのサービス。

なぜかジュースではなくて水をサーブ。

その後で希望の飲み物を聞かれました。

今回は、スプライト・ゼロ。

日本ではあまり見かけませんが、以前セブン-イレブン限定で販売していました。

やっぱり何かが壊れていく和食膳

機内食は和食膳にしました。

やっぱり、なんか変になりつつあるよね。

グレープフルーツではないけど、柚子でもないと思う。
パプリカも変。

ピントが甘い写真ですみません。
スモークサーモン。

漬物。

旧ユナイテッドのころから使っている食器と現ユナイテッドになってから発注した食器って形が違うのね。
これ、機内食作る人はめんどくさそう。

たこ。

厚揚げが入った煮物。

蒲鉾が入ったお吸い物。

永谷園の味に似ていますが、マツタケの香りはしなかった。

メインです。

海老、ホタテ、アーモンの煮浸し。
ボリュームは少ないですが、味はよかった。

ご飯は及第点レベルでした。

現在では、もう少しまともになってます。

デザートと機内Wi-Fi

和食膳のあとは、デザートタイム。

最初にチーズとデザート。

クラッカーは実は前のぺパリッジ・ファームの物が好きだったんだけど、こちらのほうが高級品。
3種類のうち、2種がやわらかいチーズだったから、大きいクラッカーのほうがいいかも。

アイスクリームサンデーをいただきました。

今回のストロベリーソースは甘さ控えめ。
日本では現在品薄の胡桃をたっぷりかけてもらいました。
このときはまだ品薄になる前でした。

食べ終わってスマートホンをWi-Fiへ接続。
機内インターネット16.99ドルって冷静に考えたら安くはないと思います。

だだし、UAのウェブサイトは料金を払わなくても内容が確認できます。
もちろん、アプリも大丈夫。
特に遅れているときなど乗継が確認できるので便利です。

この後は到着前の機内食までぐっすり休みました。
ダウングレードから一転、ビジネスクラスに再アップグレードになって本当に良かったです。

カレー風味焼きうどん?

成田到着90分前にサービス開始。

オレンジジュースで目を覚まします。

今回、焼きうどん・・・だよねぇ。

カレー風味のソースがかかってました。
これに加えて、パンもあるんだよね。

山盛りパセリはいただけなかったけど、枝豆とにんじんはとんかつの付けあわせとしてはいいかも。

相変わらず中華風茎若芽つぃてるしぃ。

フルーツです。

パイナップルとオレンジはうれしい。
でも、ここに入っているメロンって、全然熟してないんだよね。

成田へはほぼ定刻で到着。
関西経由に比べて当初予定よりもかなり早く自宅へ到着できました。

限定品ペンケース

今回のアメニティは、当時限定で配布していた缶型のもの。
ペンケースとして活躍しています。

0 件のコメント :

コメントを投稿