日本国内線特典片道5,000マイルで美味しいものがいっぱいの山陰へ

ユナイテッド航空のマイレージプラスの国内線特典。
乗り継ぎも可能なためマニアックな旅程で利用するのが良く紹介されていますが、LCCの飛んでいない都市への単純往復でも十分にオトク。
今回は鳥取まで松葉ガニと足立美術館を見に行ってきました。

週末のANA国内線特典は先手必勝

日本国内線の特典。
60日前から予約可能。
ただし、今回は1か月前にふと思い立って予約をしてみました。

当初は土曜発の1泊で考えていたのですが、土曜日のいい時間の便が軒並み満席。
ANAの国内線特典やスターアライアンスを含む近距離国際線特典航空券はポイントサイト利用によるANAマイレージクラブの陸マイラー増殖の影響もあり、以前と比較して取りにくくなっています。

ただし、若干日付をずらせば案外とれるもの。
今回も日曜に羽田を出発、現地で1泊して月曜に鳥取発の旅程では空席多数の状況でした。

実はこの旅行の後、九州の温泉に行きたくなって予約開始後すぐに検索してみたら案外空いてます。
ただし、50日前だと希望の便は空いてなかったので、やっぱり先手必勝です。

フラワージェットで米子へ

まだ外がうっすらと暗く飛行機の写真が撮影できませんでしたが、米子まではフラワージェット。
東日本大震災からの復興を祈念し、機体に東北地方の花がデザインされている機材となります。


ヘッドガバー以外は通常のシートです。


しばらくすると富士山が見えてきました。

やっぱりきれいだよね。

今回びっくりしたのはこれ。

紙コップまでオリジナルデザイン。
これ、大変だよね。
他の機材で使用できないし…

米子到着後はレンタカーで朝食を食べに行きました。

2 件のコメント :

  1. こんにちは、UAの特典航空券でANA利用は、繁忙期でも変なルートで発券できたりするので最近は国内でよく利用しています。特にいい点は希望便で発券できなかった時に、当日空きがある場合変更ができる事ですね。これからもいい情報楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      UAのANA特典は繁忙期でも必要マイル数が変わらない点ですよね。
      5,000マイルというのも魅力。
      特に当日の早い便には変更できるのも気に入ってます。

      最近、海外より国内に好みが変わりつつありますので、今後もANA国内線特典の利用が増えるかも。

      削除