台湾で大人気のコンビニ弁当 セブン-イレブン 新国民弁当

台湾のコンビニエンスストアの大人気弁当を紹介します。

昔懐かしい国民弁当とは?

台湾のコンビニエンスストア、中食といわれる米飯類やサンドイッチ、惣菜などは日本と同じで他の外食産業との競争が激しく、徐々に売り上げが鈍化。

ファミリーマートやセブン-イレブンでは店内調理品の強化やカフェメニューの強化などで対抗していますが、そんな厳しい中でも驚異的な売り上げを記録した弁当があります。
それがセブン-イレブンの国民弁当。

日本で販売されている弁当ではなかなか近い商品がないのですが、基本は白いご飯の上にメインとなるおかず(肉類が多い)とその他の副菜をのせた上乗せ丼タイプのお弁当です。



せっかくなので、そのお弁当を食べてみようと思い、イートインコーナーがある空港地下のセブン-イレブンへ。

麻辣味のおでんと茶葉蛋も追加で。

国民弁当の中身はコチラ。



イロイロなバリエーションがあるようなのですが、私は鶏肉がメインのものにしました。
四角いハムが懐かしい感じ。

中央の鶏肉は八角が聞いていて苦手な人もいるかもしれませんが、私は大丈夫。
これで55台湾ドルですから日本円で170円ちょっと。

かなりリーズナブルです。

現在はこの弁当は販売されていませんが、セブン-イレブンの4℃奮起湖便當(古早味雞腿)等が該当します。

0 件のコメント :

コメントを投稿