ローカルメニューも楽しめるインターコンチネンタルシンガポールの朝食

無料で朝食付きにアップグレードされましたので、朝食をオリーブ・ツリーでいただきました。

ローカルメニューも楽しめるホテルの朝食


インターコンチネンタルの朝食、当時はOlive Tree Restaurant (オリーブ・ツリー・レストラン)という名称でした。
現在はAsh & Elmとして生まれ変わっています。

この時は3人で利用したため、いろいろな種類のものをいただきました。

かなり混んでいました。
シンガポールらしくソーセージはチキン。

ベイクドビーンズもイギリスを感じさせます。

朝から唐辛子をたっぷり入れた面もいただきました。

こういったローカルを感じられるメニューがあるのもうれしい。

この麺、自分の好きな具材と麺を指定して作ってもらうタイプなのですが、「麺を少なくして」って頼まないと麺だらけにされちゃいます。
あと、出汁になぜか大根が入ってました。

続いてインド方面。

朝カレーです。

中華方面はあんまり充実せず。

ただしお粥はしっかりいただいていました。

最後にフルーツとヨーグルトを。

スイスのヨーグルトエミーです。
さすが酪農国家だけあっておいしい。

2015年9月に現在のAsh & Elmに生まれ変わったオリーブツリー。
朝食はそれほど変更はないようですが、また行ってみたいと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿