ユナイテッド航空 グアム行777型機ビジネスクラスへのフラットベッドシート導入開始、エコノミークラスは詰め込みセブンへ

ユナイテッド航空の成田からグアム行ボーイング777型機に新コンフィグ機材が登場します。
2016年11月6日現在、このコンフィグの機材は3機になりました。
詳細は次の記事をご覧ください。

フラットベッドシート導入済国内線用2クラス777が続々デビュー 現在3機が就航中

ビジネスクラスがフルフラットシートへ

Boeing 777-200 (777) バージョン5
https://www.united.com/web/en-US/content/travel/inflight/aircraft/777/200/default.aspx
成田-グアム線のビジネスクラスはビジネス・ファーストではなく、ビジネスクラス。
そのうち、777型機のビジネスクラスのシートは、昔のユナイテッド・ビジネスの座席を革張りにして、パーソナルテレビを撤去し、リクライニング角度を調整したものを使用していました。
主にハワイ発着の国内線、グアム線、そして、成田-グアム線に就航しています。
今回、フルフラットシートが導入されるのはその機材。




新しいシートは現行の旧ユナイテッド航空機材のビジネス・ファーストと同様のシートに変更になります。

エコノミーは改悪、詰め込みセブンへ

エコノミークラスは改悪。
ユナイテッド航空のボーイング777型機のエコノミークラスの横一列の座席配置は2-5-2もしくは3-3-3と横9列が基本でした。
ところが、今回導入される新コンフィグでは3-4-3となります。
これは、日本国内のANAやJALの777国内線仕様と同等。
現行のコンフィグと比較して横幅が約3~4センチ狭くなります。

他の機材と比較すれば狭いわけではないが…

グアム線737機材の横幅もほぼ同様。
一部の機材を除くと今回の新コンフィグとほぼ同じような横幅です。
リクライニング幅は旧コンフィグとほぼ同じです。

交換完了は2017年春の予定

全機が新コンフィグに変わるのは2017年の春ですが、現在ハワイ仕様機は10機。
今のところ、そのうち1機が新コンフィグです。
それほど長時間ではありませんが、やっぱり、737のビジネスクラスよりかフルフラットになるシートがおすすめ。
しばらくの間はなかなか新コンフィグ機材には巡り合えないと思いますが、ビジネスクラスに限っては現行コンフィグでも新コンフィグでも737型機よりかはいいと思いますので、グアム旅行の航空券を手配する場合は777型機の運航機材を狙ってみるのもいいと思います。

2 件のコメント :

  1. こんばんは、初めまして。
    いつも為になる記事を読ませて頂いています。

    去る6月末、NRT-GUM便 777のフラットシートににたまたま乗る事ができました。
    エコノミーでの予約でしたがアップグレードとなり携帯で席を確認したらところ、
    いつもと違う席数と配列になっていました。
    空港で聞いてみると一時的な機材の変更と言われたのでガッカリしましたが、もし今後も継続してこの機材ならうれしい限りです。
    空いていたシートが進行方向逆向きだったのてま変な感じですが快適な旅を過ごせました。
    日本-グアム線はプレミア会員が少ないので、シルバーの私でもかなりチャンスがあり、少しでも可能性を高める為に777に乗るようにしてます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。
      いつもご覧いただきありがとうございます。

      現在は2機このタイプの機材が就航しています。
      777-200の3クラス機材のうち777-200ERでないものがハワイ仕様に変更になる予定。
      現在1機が改修中です。
      ユナイテッドにしては比較的早いペースで改装が進むと思います。

      削除