フラットベッドシート導入済国内線用2クラス777が続々デビュー 現在3機が就航中

ユナイテッド航空の国内線用2クラスのボーイング777-200型機。
続々と改造が進められます。

国内線用フラットシート導入済2クラス777-200型機は現在3機就航中

主にハワイ路線とハワイ-グアム、グアム-成田に使用される国内線用2クラスボーイング777-200型機。
Boeing 777-200 (777) バージョン5
https://www.united.com/web/en-US/content/travel/inflight/aircraft/777/200/default.aspx
現在は3機就航中です。

また、続々と改修が進められています。

2017年2月に国際線用3クラス777-200型機は消滅

以前、国際線用3クラス機材の改修が続々進められることを記事にしました。


その記事を公開した時点では7機あった機材も現在は5機に。
2017年2月には国際線用3クラス用777-200型機(ERでないもの)はすべて消滅し、国内線用2クラス機材へ改修される予定です。

なお国際線用777-200ER型機については33機が就航中です。

旧コンフィグ国内線用777-200型機もフラットシート導入へ

現在9機あり、主にハワイ関係路線に就航している旧コンフィグの国内線用2クラス機材。
2017年6月までにこちらも消滅します。
最終的にはフラットベッドシート導入の国内線用2クラス機材へ改修される予定。

この結果、最終的にはフラットベッドシートを導入した777-200型機は19機になり、777-200型機は全てそのコンフィグとなる予定です。

0 件のコメント :

コメントを投稿