マイル2倍加算の条件とは? MileagePlus MUFGカード

MileagePlus MUFGカードのサービス改定。
以前の記事にコメントをいただきましたが、やっぱりわかりにくい。
また、会員規約を確認したところ付利単位の規定があるため以前の記事の内容を修正しました。
あらためて、深掘りしてみましょう。

2017年2月分からリボ払いで2倍加算するには

2017年2月からMileagePlus MUFGゴールドプレステージカードにおけるショッピングリボ払いの追加マイル加算にはリボ払い手数料の支払が必須となります。
ゴールドプレステージカードの場合は通常1.0マイルが2.0マイルとなります。
(海外利用分は通常1.5マイルが3.0マイル)

また、新たにMileagePlus MUFGカードでも通常1マイル加算のところ、リボ払い手数料の支払いがあった月はリボ払い利用分について1.5マイル加算となります。
コチラは改善ですね。

マイルの加算率が一般カードとゴールドプレステージカードで異なりますが、リボ払い手数料の支払が必要なのは同一ルールとなります。

追加マイルの加算は以下の条件が必要です。
おさらいしてみましょう。

支払方法ををリボ払いに

まず、追加マイルの加算については支払方法がリボ払いとなります。

楽Payでの支払も対象

登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」ももちろん対象。
楽Payとはカードショッピングの利用時に一回払い、リボ払いの指定をしたものが全てリボ払いとなるサービス。
利用日から初回支払日までのショッピング手数料はかかりません。

また、あとdeリボの利用額も追加マイルの加算対象です。

リボ払いの手数料支払が必須

2017年2月分からはリボ払いのショッピング手数料の支払が必須になります。
1円でも手数料の支払があれば、リボ払い(楽Pay、あとdeリボ含む)新規利用分が全て追加マイル加算対象となります。

楽Payの場合、利用分が翌月以降に繰り越されることが条件

ようは翌月以降に繰り越される残高が必要だということ。
また、手数料の支払も必須となるため翌月以降の手数料支払い分としてリボ払い残高の繰り越しは必須となります。

楽Payの支払額を5,000円へ変更

月間のカード利用額は人によって異なるので一概に言えませんが、利用分をコンスタントに翌月に繰り越すためには楽Payの支払額を最低額である5,000円にしておきましょう。

絶対に10万円以上使うんだという方はそのままでもいいかもしれませんが、月によって利用額に変動がある方は最低額5,000円の支払額設定をおすすめします。

リボ払いの手数料を払うのは損!?

リボ払いの手数料率は年15.0%。※
ちなみに、100,000円MileagePlus MUFGゴールドプレステージカードで利用し追加マイル加算もあったとするとマイルの加算は2,000マイルです。

手数料は初月分は0円ですが、翌月以降は年15.0%の手数料がかかります。
臨時加算支払いをしないで手数料を払い続けると約7,000円の手数料を支払うことになります。
(月々支払額を10,000円で設定)

※一部異なる場合があります。

2,000マイルのために約7,000円の支払いをしなければならないのはトクではありません。
手数料を払うのは確実に損ということになります。

リボ払い手数料を最小化するための手続きとは?

それでは、支払手数料を可能な限り低くして、追加マイル加算をする方法を解説していきましょう。

楽Payの手続をしよう

カードを利用しマイルの追加加算するためには支払方法をリボ払いとしなければなりません。
ショッピングの際にリボ払いを指定できる店舗もありますが、コンビニやガソリンスタンドなどは原則として1回払い。
海外での利用も1回払いが基本となります。

ただし、全てのカードの利用をリボ払いにする方法があります。
それが登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」です。

2回払い、ボーナス一括払い、分割払いは利用しない

店舗で1回払い以外の支払方法を指定した場合、その支払方法が優先されます。
したがって、楽Payの対象にはならずマイルの追加加算もありません。
お支払方法を別途ご指定いただければ、本サービスご登録前と同様、ボーナス一括払い、2回払い、分割払いをご利用明細書に掲載の「割賦枠」の範囲内でご利用いただけます。
登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」
http://www.cr.mufg.jp/mufgcard/service/payment/rakupay/

臨時加算支払手続をしよう

MileagePlus MUFGカードの支払サイクルは15日締めの翌月10日払い。
例えば2016年の11月前後を例にとると、10月16日~11月15日までの利用分を12月12日(10日が土曜日のため翌営業日)に支払うのが基本です。

楽Payの場合指定した金額を12月12日に支払います。10月16日~11月15日の利用分について指定額が5,000円であれば5,000円の支払いとなります。(5,000円未満の場合は全額)

楽Payの特徴は利用日から初回支払日までの手数料はかからないのが特徴。
初回はどんなに残高があっても手数料はかかりません。

ということは初回分はマイルも追加加算にならないということ。
したがって翌月からのマイルの追加加算のために支払後のリボ払い残高を残す必要があります。

そのリボ払い残高に対して手数料がかかります。

ここからは楽Payの場合を前提にしてシミュレーションしていきます。

MileagePlus MUFGカードのリボ払い計算方法

リボ払いの計算方法ですが、MUFGカードに記載されているポイントは以下の通り。
  • 付利単位100円
  • 手数料計算期間は締切日の翌日から翌月の締切日
  • 日々の利用残高に対し、所定の手数料率(実質年率15.00%)を乗じて年365日で日割計算
  • 手数料の支払いは翌々月の指定日
  • 利用日から最初に到来する締切日が属する月の翌月指定日前日までの期間は手数料計算の対象外

特に最後のが難しい。
11月16日に利用した場合、その支払日(指定日)の前日1月9日までは手数料はかからないということです。すなわち、初回は手数料なし、第2回目の手数料対象となる期間は1月10日(指定日)から1月15日(翌月の締切日)までの期間となります。
「楽Pay」特約
第3条(手数料の計算)
特約本会員は当社に対し、本サービスの手数料として、締切日の翌日から翌月の締切日までの付利単位100円で計算した日々の本サービス利用残高に対し、当社所定の手数料率(実質年率15.00%)を乗じ、年365日で日割計算した金額を、翌々月の指定日に後払いするものとします。ただし、本サービスに係るカード利用の利用日から起算して最初に到来する締切日が属する月の翌月の指定日前日までの期間は手数料計算の対象としません。
それでは実際に手数料の支払いが必要となる2017年2月に初めてリボ払いの手数料を発生させるために具体的に考えていきましょう。

2017年2月支払分に手数料を発生させるには

11月16日~12月15日カード利用前までに楽Payの登録を

まず、2月に手数料を発生させるために1月支払後にリボ払いの残高を発生させる必要があります。

そのためには、まず、12月15日締切分でリボ払いの残高を発生させる必要があります。
必ず楽Payの支払設定額+500円以上を利用するようににしましょう。

12月下旬に臨時加算支払手続をしましょう

12月下旬、祝日があり年末年始なので若干日付が変更になるかもしれませんが、12月22日には1月10日の支払額が確定すると思います。

手数料が追加マイル加算の必須条件となる前はここでリボ払い残高がなくなるように手続きをする人が多かったと思いますが、このタイミング1月10日支払分からはその翌月(この場合は2月)支払分手数料が計上される金額を残して支払い手続きをしましょう。

臨時加算支払手続はオンラインサービス、指定ATM、もしくは指定口座への振込での手続きとなります。


2017年1月10日残高は500円以上に

ところで、2017年2月10日支払分に手数料を発生させるためにはいくらの残高が必要なのでしょうか?
後述しますが、500円で手数料が1円となります。
1円となる場合のシミュレーションは次の通り。


■登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」で11月16日から12月15日までに1回払いでショッピング利用をした金額が5,500円であった場合(指定金額5千円 手数料率15.00%)


2017年1月10日支払分
  • 締切日(12月15日)楽Pay利用残高 5,500円
  • 初回支払額(1月10日) 5,000円
  • 利用代金(元金)充当額 5,000円
  • 初回支払額支払後の楽Pay利用残高 500円(5,500円-5,000円)
初回支払なので手数料はかかりません。


2017年2月10日支払分
  • 締切日(1月15日)本サービス利用残高 500円
  • 第2回(2月10日)支払額 501円
  • 利用代金(元金)充当 500円
  • 手数料充当額 1円(1月10日~1月15日までの分)
  • 第2回支払後の楽Pay利用残高 0円(500円-500円)
2月10日分手数料の計算方法は以下。
  • 500円×6日(1/10~1/15)×15.00%÷365日=1円

2017年2月10日以降の残高は200円以上

引き続きのシミュレーションです。

2017年3月10日支払分
  • 締切日(2月15日)楽Pay利用残高 0円
  • 第3回支払額(3月10日) 5円
  • 利用代金(元金)充当額 0円
  • 手数料充当額 5円(1月16日~2月9日までの分)
  • 第3回支払額支払後の楽Pay利用残高 0円

手数料計算方法
  • 500円×25日(1/16~2/9)×15.00%÷365日=5円

ここでお気づきの方もいると思いますが3回目(3月10日)以降の支払分では500円の残高にする必要はありません。
200円※で充分となります。
  • 200円×22日(2/16~3/9)×15.00%÷365日=1円

※月によっては100円でも大丈夫な月もありますが、100円でも200円でも手数料額は1円の差なので28日しかない2月を基準としています。

実際には12月16日~1月15日利用分の新規残高について、2月10~15日分が手数料計算対象となりますが、この計算では考慮していません。

万が一手数料が発生しなかった月があった場合の残高は?

臨時加算支払金額を間違えて多く支払ってしまうなど、手数料が発生しなかった場合は、マイルの追加加算はありません。

また、その場合、楽Pay当月利用分があったとしても、支払日以降、締切日までの手数料となるため、残高が500円以上必要となります。

土日や祝日など金融機関休業日の関係で初回手数料計算期間が6日ではない場合もあります。

例えば2018年2月は10日が土曜日、11日が日曜日、翌12日が振替休日となるため、支払日は13日になります。
したがって、初回手数料計算期間が3日しかありません。
その場合は900円の残高が必要になります。

手数料計算期間と必要残高の関係は以下の通りです。
  • 10日支払の場合 初回手数料計算期間:6日 残高:500円
  • 11日支払の場合 初回手数料計算期間:5日 残高:500円
  • 12日支払の場合 初回手数料計算期間:4日 残高:700円
  • 13日支払の場合 初回手数料計算期間:3日 残高:900円

まとめ

まとめです。
以下の通りの残高が残るように臨時加算支払手続をしましょう。
  • 2017年1月支払後残高 500円
  • 2017年2月以降支払後残高 200円
  • 手数料が計上されなかった月がある場合の翌月支払後残高 500~900円

改悪になりましたが、100円で2マイル加算されるクレジットカードは貴重。
特に海外での3.0マイル加算はかなりインパクトがあります。

面倒にはなりましたがMileagePlus MUFGカード、特にMileagePlus MUFGゴールドプレステージカードはおすすめできるカードです。

2 件のコメント :

  1. 再度ご説明ありがとうございました!
    すっっと、腑に落ちました^^

    ありがとうございました!!

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。

      絶対ややこしいですよね。
      今回の改訂。
      特に手数料を払わないと倍にならないというのがせこいです。

      また何かありましたら、コメントお待ちしています。

      削除