スイス 鉄道乗車券は直販の時代へ スイス全土交通機関が乘り放題のSaver Day Pass

スイスの鉄道乗車券には様々な割引乗車券があります。
2017年下期に登場したセーバーデイパス(Saver Day Pass)。
一部を除くスイス全土の交通機関が一日乗り放題となるきっぷを紹介します。

スイスハーフフェアカード併用で一日乗り放題がわずか29フランから

2017年の下期から発売が開始されたセーバーデイパス(Saver Day Pass)。
破壊的な安さが特徴です。
ハーフフェアカード所持者なら2等が29フラン、1等が49フラン。
所持者でなくても2等52フラン、1等88フランから、一部を除くスイス全土の交通機関がのり放題となるきっぷ。

何故か日本ではあまり紹介されていない

この、セーバーデイパス、何故か日本では話題になっていません。
というのも、このきっぷ、旅行会社経由では買えないきっぷ。
スイス鉄道のアプリか、ホームページで購入する必要があります。
また、2018年に改定されたガイドブックでも他の新しいチケットの紹介はあるのに、このセーバーデイパスの紹介は一切なし。
つい最近改定された地球の歩き方でも一切触れられていません。

早く買えば買う程オトクになる仕組み

セーバーデイパスですが、早く買えば買うほどお得になります。
発売は乗車日の60日前から前日まで。
例えばスイスハーフフェアカードなしのセーバーデイパス。
一番安いものは52フランなんですが、前日に買おうとすると100フランを越えるような金額になることも。
予定が決まったら早めに購入することが必須です。

実際、今回のスイス旅行の時に調べましたが、曜日によっては発売開始されてから数分で一番安いものが売り切れになり、どんどん価格が上がっていくのを確認しました。

実は今回の旅行、長距離移動したチューリッヒからツェルマットまでと、ツェルマットからチューリッヒまでは1等を利用したものの一人あたり49フランでセーバーデイパスを購入しました。

セーバーデイパス利用条件

主な利用条件は以下のとおり
  • 60日前から前日まで発売
  • 午前0時から翌朝5時まで有効
  • 発券状況により価格が上昇、早く購入するほどオトク
  • SBBアプリか、sbb.chで購入可能
  • ハーフフェアカードと併用可能
  • GA travelcard areaで利用可能、ほとんどの都市交通も利用可能
  • 原則払い戻し不可
払い戻し不可ですが、間違って複数の同一チケットを購入してしまった場合や病気や事故の場合で旅行が出来なくなった場合は払い戻しが可能です。

また、間違った日付で購入した場合も払い戻し可能。
ただし、間違った日付より後のチケット購入を証明する必要があります。
この項目を利用すると変更が可能ですが、手続きが非常に複雑ですのでおすすめしません。

SBBモバイルやSBBのホームページで購入したチケットはオンラインで払い戻しのリクエストが可能です。

実際の購入方法を解説!!

それでは実際の購入方法をSBBモバイルアプリを使って説明しましょう。
例えば、今回の旅行で利用したチューリッヒ空港からツェルマットまでの手配。

アプリの Day Travelpasses から購入する方法 


トップ画面の Day Travelpasses をタップ。

そうするとSaver Day Passが選択されているのですが日付が当日か翌日となっているので実際に乗車する日に変更します。


Changeを選ぶと日付が出てくるので乗車日を選択。


そして金額が表示されるので確認します。


問題が無ければ、一番下の購入ボタンを押して購入手続きに進みます。

時刻を調べながらの購入方法

時刻を調べながら購入する方法もあります。
この方法だと他の乗車券との値段が比較できます。

まず、チューリッヒ空港からツェルマットまでの区間を検索します。


チューリッヒ空港からツェルマットまでクール経由で乗車する日時を指定して列車を検索します。

9:47発のIR70と表示されているものをクリック。
内容を確認します。


チューリッヒ空港からチューリッヒ中央駅まではIR70
チューリッヒ空港駅からクールまではICEとなります。


そして、クールからツェルマットまではGEX
氷河特急です。

続いて、下のTickets from CHF78.50をタップ。
ここで表示されている金額は他のチケットなので気にしないで進みます。


そうすると、この日のセーバーデイパスは70フランで購入ができることが分かります。
問題が無ければ一番下の購入ボタンをタップして購入画面に進みます。

初回は個人情報入力が必要

いずれの場合も初回に購入する場合は個人情報を登録する必要があります。
表示される内容に従ってログイン情報と個人情報を登録してください。
sbb.chのアカウントはスイスパスシステムに統合されたため、現在はSwissPass.chのサイトに変移して個人情報を登録します。

その後、生年月日と決済情報を入力し、決済すれば完了となります。

sbb.chで購入したチケットもSBBモバイルで表示可能

sbb.chで購入もできます。


自宅のプリンタで購入済みのチケットを印刷することも可能です。
同じアカウントでログインすれば、同じチケットをSBBモバイルで表示させることも可能。

同行者のチケットも同時購入可能

同じアカウントで同行者のチケットを購入した場合はアプリでもsbb.chでも同時購入可能です。
アプリでも同じアカウントで購入された複数のチケットを表示させることが可能です。


セーバーデイパスでかなりオトクに旅行が可能になりました。
日本語対応はしていませんが、英語で購入できます。

0 件のコメント :

コメントを投稿